ピュアウォッシャー導入事例(大同興業㈱)

大同興業株式会社(当社)

事業部名   :大阪本社
従業員数   :75名(大阪本社 約20名)
課題     :冬場のオフィスの乾燥対策
導入の背景 冬場のオフィスの加湿と空気清浄を徹底。
導入の決め手 テニスコート1面分の大空間に対応できる加湿能力。
導入後の効果 明らかな湿度の改善を実感。

冬場のオフィスの加湿と空気清浄を徹底。


以前は小型の空気清浄機を5台程度オフィスに設置して、冬場のオフィスの加湿に対応していました。しかし、湿度が30%にも満たないような状態が続いており、加湿の効果を実感出来ていませんでした。10m×15m程度の広さのオフィスに対応できる市販の加湿器は種類が無いうえに値段も高く、水タンクの入替え作業が従業員の負担になるかと思い、導入を躊躇していました。

1台で約テニスコート1面分の大空間に対応できる加湿能力。


そんな時、LPG充塡機のビジネスパートナーである㈱クボタ計装から新たな商品カテゴリとして「ピュアウォッシャー」の紹介を受けました。テニスコート1面分に相当する大空間をカバーする性能を持ち、1台で加湿・除菌・消臭・空気清浄のすべてをこなす点に非常に魅力を感じましたが、水道工事の必要性などが課題となり即導入するには至りませんでした。しかし、インフルエンザをはじめ重篤な感染症などの対策も喫緊の課題となり、導入を本格的に検討。懸念していた水道工事は、想定していたより簡単且つ安価に実施ができ、本体の設置も半日程度でした。

3階オフィスに1台設置。約150m2もしっかり加湿。

ピュアウォッシャーの背面部。給水・排水管は下階(2階)から接続。

2階からの給排水管は3階を経由し、4階へ接続。4階オフィスにもう1台設置。

導入後の効果


乾燥していた冬のオフィスも、ピュアウォッシャー導入後は明らかに改善されたように感じます。オフィスは湿度50%に設定し、大体40%後半に表示されています。暖房の効果も高くなり、導入前は髪の乾燥が気になっていたのに、導入後は気にならなくなったなどの声が女性社員からありました。今後ビジネスパートナーとしてピュアウォッシャーを販売していく中で、導入を検討されているお客様と経験を共有出来ればと思います。(設備担当者コメント)

 

産業機械でお悩みなら
まず大同興業にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。